So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

萬金丹本舗證明 [伊勢の風景]

野間萬金丹證明  
 野間萬金丹の広告を紹介します。「萬金丹」につきましては秋田耕司様がHP『伊勢探訪記』の「秋田教方萬金丹」(こちらをクリックして下さい。)において詳しい研究成果を掲載なさっています。
 朝熊岳本舗の写真はこちらをクリックしてください。
 尾上支店の写真はこちらをクリックしてください。

野間萬金丹2.jpg

画像をクリックすると拡大します。(原寸39.1㎝×29.2㎝)
左図=尾上支店 右図=朝熊岳本舗

図の上部の文章 
ルビは( )内に入れました。また、旧字体等は適宜常用漢字に改めました。青色【 】内は筆者注です。

伊勢国朝熊岳萬金丹広告

弊家(わたくし)萬金丹は曩祖(せんぞ)徳翁宗祐(とくおうそうゆう)上座が曽(かつ)て福威智満虚空蔵尊(ふくいちまんこくうぞうそん)の霊夢(れいむ)に感(かん)し始(はじ)めて調製(しらべこしらえ)したるものにて今に二十一世五百有余(ゆうよ)年間其業(そのぎょう)を営(いとな)むものなりしが薬効(ききめ)の非凡(あらた)なるより往時(むうじ)万里小路殿の執奏(おとりつぎ)に因(よ)り畏(かしこく)も 後水尾天皇(ごみずをてんのう)の朝(ちょう)特に勅許(おゆるし)を蒙(こうむ)り例年(れいねん)禁裡(きんり)御所及ひ御宮堂上(どうじょう)方へ献上(けんじょう)し奉る吉例となりし爾来(じらい)萬金丹の名声天下に鳴(な)り普(あまね)く世上に称誉(ほめ)せられ益(ますます)弊家(わたくしかた)の繁栄を致せしは蓋(けだ)し諸(しょ)君の恩顧(ごひいき)に基因(よる)するものと深(ふか)く感銘(よろこび)に不堪(たえず)候。然(しか)るに近時(ちかごろ)諸国に於て 弊家(わたくし)調製(せいぞう)の萬金丹と詐称(いつわり)し巧(たくみ)に愛顧(ごひいき)の諸君を瞞着(まぐわし)せんとする者往々有之【これあり】。弊家(わたくしか)は祖先開業以来(せんぞより)今日に至るまで一人の売子(うりこ)若しくは行商人(であきんど)を派遣(いだ)せしこと毫(すこ)しも無之(これなく)全く奸商輩(よこし?なきひと)の欺諞(いつわり)に出るものと相信(おもう)候。就中(わけても)近頃(ちかごろ)当地(いせやまだ)に於いて同名異人(おなじなまえまぎらわしきひと)なる野間国彦なる者現(あらわ)れ萬金丹を調製(こしらえ)発売(うりだし)せり。就(つい)ては弊家(わたくし)萬金丹の義は古来世の高評(こうひょう)を受けること前途(まえにもうす)の如くにして素(もと)より薬味分量等は同日の論にあらざるを以て敢えて意に介するに足らざれども或いわ同名類似(なまえのにたる)なるより江湖(しょこく)諸君の感(まどい)を来(き)たし随(おっ)て真正(まこと)なる野間圀彦萬金丹と誤認(あやまり)せらるるを時は自他(ひとびと)の迷惑(めいわく)不少【すくなからず?】候間希(ねがわく)は愛顧(ごひいき)諸君特(とく)に朝熊岳(あさまがたけ)一番屋敷野間圀彦の番号(ばんごう)商標(めじるし)篤(とく)と御吟味(しらべ)の上御購服(おもとめ) 被下度【くだされたく】希望の至りに不堪候【たえずそうろう】。
追白
弊家義は大廟参拝(いせまいり)の諸君に対(たい)し御便利を訃(はかり)しか為め本舗の外山田尾上町十四番屋敷野間圀彦(くにひこ)支店あるのみにて旅館(やどや)其他(ほか)へ売子(うりこ)等(など)一切差出し不申候(もうさずそうろう)。又自然(しぜん)弊家の名所(なまえ)を冒(とな)えし売子等推参(まいり)致し候節は宿所姓名御糺(ただし)の上郵税先払にて御確報被下度候【くだされたくそうろう】。敬白

伊勢国朝熊岳一番屋敷
萬金丹本舗 野間圀彦(のまくにひこ)
同国尾上町十四番屋敷
            野間圀彦(のまくにひこでみせ)

右朝熊岳野間圀彦氏(みぎあさまだけのまくにひこし)は元因幡椽継続(いなばのじょうけいぞく)真正(まこと)なる本舗(ほんぽ)たるを証明す。

明治二十六年二月十九日   伊勢宇治山田町 神都徳盛会事務所

右図左上文章 
野間氏は源家の庶流にして五百有余年連綿せる旧家なり。蓋し萬金丹は曩祖徳翁が本尊の霊夢感得の脩製にて済古の【こ?】め数代施薬まて家々秘したりしを十三世宜繁翁が当時の長老に謀り元録【本文ママ】年間忝なくも勅許を蒙り売薬となし恐多くも毎年禁中及び親王方へ献上奉り爾来効験著名なるを以て当山の名産となり日本万金丹の元祖にして海内に普く知らるる霊方なり。

nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 7

コメント 4

常盤万作

数年前に八日市場の店で買いました。
「健康維持食品」と書いてあり、医薬品ではないので驚きました。
食品のためか、賞味期限も記入されていました。
歴史ある薬も、現代の法規では健康維持食品なのですね。
by 常盤万作 (2018-02-19 20:10) 

jyugemu

常磐万作さん、いつも有り難うございます。
萬金丹は基本的には整腸剤のようですね。
by jyugemu (2018-02-22 16:49) 

京男

おはようございます。
伝統的な薬を厚生労働省は認めないですよね。
副作用がないのは薬でないらしい。
印籠の中に入っているのは、こういう薬だったようですね。
by 京男 (2018-03-28 06:26) 

jyugemu

京男さん有り難うございます。
お返事が遅くなりごめんなさい。

金看板の「万金丹」だけでなく、
銀看板の「反魂丹」も同じ扱いのようですね。
by jyugemu (2018-04-09 16:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント