So-net無料ブログ作成
検索選択
三重の風景 ブログトップ

宮川モリスン [三重の風景]

宮川モリスン 

 現伊勢市小俣町にあるユニチカ小俣工場の前身の「宮川モリスン」の絵はがきを紹介します。このページの画像の原寸はすべて13.9㎝×8.9㎝です。
 宮川モリスンは大正11年11月に設立されました。昭和12年6月宮川毛織株式会社に改称されました。そして、昭和16年12月に現ユニチカの大日本紡織株式会社と合併しました。

工場鳥瞰図
宮川モリスン01.jpg
キャプションに「昭和5年8月10日高松宮殿下台覧前」とあります。小俣から伊勢市街を望む写真です。

選毛室
宮川モリスン07.jpg

前紡工場
宮川モリスン09.jpg

績(?)紡工場
宮川モリスン02.jpg

織布工場
宮川モリスン03.jpg

宮川清明女学校
宮川モリスン04.jpg
 宮川清明女学校は昭和4年9月1日に設立された、宮川モリスンの企業内学校です。戦後も清明高等学校として存続しましたが、平成9年に廃校になりました。
 

春季陸上大運動会入場式
宮川モリスン06.jpg

表面
宮川モリスン10.jpg
切手添付欄が宮川モリスンの社章になっています。

参考文献
小俣町『小俣町史 通史編』 昭和63年11月


森井商店 [三重の風景]

森井商店

 久しぶりに伊勢・志摩に行くことができました。今回は鳥羽駅前にあった「森井商店」を紹介します。

三重県鳥羽駅前 森井商店
森井商店.jpg
原寸 縦9㎝×横14㎝ 画像をクリックすると拡大します

 この絵葉書は、森井商店縁の方から頂いた物です。H先生貴重な資料を下さいまして有り難うございました。森井商店は、旧日和山エレベーターのすぐ脇にあったそうです。(鳥羽ガイドセンターの方・H先生のご教示による。)

現在の写真
DSC01827.JPG
 平成23年8月16日jyugemu撮影

 鳥羽水族館案内所右側の建物右側のプレハブが日和山エレベーターの跡地です。よって鳥羽水族館案内所左側に「森井商店」が建っていたと考えられます。 
 

続きはこちらをクリックしてください。


五ヶ所 [三重の風景]

伊勢五ヶ所絵葉書

 以前から「yahoo!オークション」に出品されてた絵葉書です。先日、名古屋の「すし八丁」の常連のO様が五ヶ所ご出身とのことを伺い、早速落札しました。このページの画像はすべてクリックすると原寸大に拡大します。また、絵葉書の表面には下から3分の1の所に罫線が有りますので、大正7年以降に発行されたものです。発行所は不明です。
 私が伊勢にいた頃、原付で伊勢から宮川を上り、サニーロードから五ヶ所へ出て、磯部から伊勢道路で伊勢へ帰る・・・・・・ということを4~5回した覚えがあります。

たとう
五カ所01.jpg
 「楓江ホテル」はインターネットで検索しても出てきませんでした。
平成25年9月14日追記 コメント欄に「道東放浪子」様よりご指摘を頂きました。下記URLをご覧下さい。

秋葉山より五ヶ所港瞰下
五カ所02.jpg
秋葉山もインターネットでは出てきません。

五ヶ所港全景
五カ所03.jpg

五ヶ所湾女夫島
五カ所04.jpg
 この島は、ネットでは出てきません。

伊勢五ヶ所茶臼島
五カ所06.jpg
こちらの島はネットでも出てきます。現在でも名所とされています。

伊勢五ヶ所白瀧
五カ所05.jpg
この滝は、おそらく切原白滝のことだと考えられます。

続きはこちらをクリックしてください。


タグ:三重 五ヶ所

日和山から見た鳥羽 [三重の風景]

『冬の鳥羽港』 
第12回ソネブロ写真展示会 出品作品 テーマ「冬」
 tanamasa63 さんの第12回ソネブロ写真展(こちらをクリックして下さい)に参加を致します。

 JR・近鉄鳥羽駅の南西に「日和山」があります。ここは、鳥羽港を見渡す絶好のポイントでもあります。昭和8年には山に登るためのエレベーターが設置されました。戦中に一時営業停止をしましたが、昭和22年に再開、昭和49年まで営業をしていました。
 日和山から鳥羽港を撮した写真絵葉書は数多くありますが、以下に紹介する絵はがきは、パノラマ写真です。絵葉書の左右にはミシン目から切り取ったような跡があり、(古絵葉書3枚目の左側をご覧下さい。他の箇所はトリミングしました。)元々はつながっていたと考えられます。この絵はがきは、『三重県絵はがき集成』にも収録されています。それによると昭和初期のものだそうです。なお、古絵葉書の下に掲載した現在の写真は、jyugemuが平成18年12月30日に撮したものです。

日和山ヨリ見タル志州鳥羽港全景(其一)



日和山ヨリ見タル志州鳥羽港全景(其二)



日和山ヨリ見タル志州鳥羽港全景(其三)
日和山ヨリ見タル志州鳥羽港全景(其四)



 日和山エレベーター跡地

写真奧、ピンク色のプレハブの建物の辺りがエレベーターのあった場所です。
 
    ↑ 鉄骨の根本。


共進会(明治40年 津) [三重の風景]

第9回関西府県聯連合共進会

  以前、「五二会ホテルの広告『気車乃友 伊勢参宮名所案内附共進会手引草』」(こちらをクリックして下さい)で紹介した「共進会」の絵葉書を、伊勢にお住まいの方から頂きましたので紹介します。共進会をはじめ、貴重な資料をたくさん頂きました。どうも有り難うございました。

 第9回関西府県聯合共進会について簡単に紹介します。
    目的:殖産興業政策の一環
    会期:
明治40年4月1日から5月30日
    会場:三重県津市偕楽公園(現三重県立博物館)
    展示:繭、蚕種、茶、米、麦などの農産物・生糸絹織物などの織物
        類陶磁器、金属器、酒、醤油、砂糖などの工産物を中心に
        特許品、実用新案品、その他外国漆器、陶磁器
    入場者数:779566人(当時の三重県総人口が100万人弱)

以下絵葉書を合計8枚紹介します。全てほぼ原寸大です。

 

第9回関西二府廿県聯合共進会 本館
(発行者不明)

 

第九回関西府県聯合共進会  共進会会場
第9回関西府県聯合共進会発行 日本葉書倶楽部謹製

第九回関西府県聯合共進会  本館 
発行者不明

なお、本館を始め、各館や吉田山にはイルミネーションがされたそうです。


第9回関西府県聯合共進会発行 日本葉書倶楽部謹製

第九回関西府県聯合共進会  参考館

(左)参考館       (右)奏楽堂

第9回関西府県聯合共進会発行 日本葉書倶楽部謹製

(左)津市公園     (右)阿漕浦
津市協賛会発行  東京銀座三間製 
 左下のスタンプには「関西府県連合共進会 津 明治四十年 自四月至五月」とあります。
 なお、これは津から伊勢へ実際に郵送されたものです。表面には切手が貼ってあり、津と伊勢(いずれも4月15日)のスタンプがあります。

 伊勢参宮とともに共進会を見学した人が多かったためか、伊勢の案内絵葉書もあります。
上ハ外宮正殿 下ハ内宮神苑 
第9回関西府県聯合共進会発行 日本葉書倶楽部謹製

参考文献
三重県生活部文化課 『明治百景 ―100年前の三重県―』 2000年

 

 

続きはこちらをクリックしてください。


三重の風景 ブログトップ