So-net無料ブログ作成
検索選択

神宮文庫入口 [伊勢の風景]

神宮文庫入口 

 倉田山、神宮文庫入口にある旧御師福島みさき太夫邸の門である「黒門」の絵はがきを紹介します。写真中央下に「倉田山風致地區」の碑が建っています。倉田山をはじめ、宇治山田に風致地区が指定されたのは、昭和11年2月6日です。よってこれ以降の写真です。

神宮文庫入口
神宮文庫入口.jpg
原寸8.7㎝×13.9㎝

現在の様子
DSC05260.JPG
平成28年11月20日 jyugemu撮影

 HP「伊勢志摩きらり千選」によると、この交差点(六叉路〔本ブログ「徴古館御幸通り3」もご覧下さい〕)は昔の大学生に「六道が辻」といわれていたそうです。古市へ向かえば色道(写真手前から古市に行く道があります)、神宮文庫の黒門は学道(神宮文庫の隣に皇學館大學があります)、松尾観音への道(黒門の前から写真右手へ坂を上る道)をとれば地獄道(むかし神宮皇學館の学生で、授業をさぼっては松尾観音へブラブラとしにゆき単位を落したという)。なお残りの3つの道は、写真右方向は内宮方面・左方向は二つに分かれており、外宮・徴古館(神宮の博物館)へ行く道です。
 「六道の辻」といえば、私は、突き当たりが南海電車と間違えたり、「念仏」を買いに行って値切ったら「びっくり念仏」や「湯念仏」を勧められる所しか知りませんが、それにしても、昔の方は洒落た名前をつけたものですね。

六道の辻別角度の写真
DSC05699.jpg
徴古館前から内宮方面を望む

〔参考文献〕
伊勢市 『伊勢市史 第4巻 近代編』   
         平成24年6月  伊勢市
〔参考HP〕
『伊勢志摩きらり千選』 
      「伊勢市倉田山『神宮文庫黒門』」

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 2

京男

こんにちは。
ここは、面影が残っていますね。
「居眠り念仏」も買いたいものです。
by 京男 (2016-11-23 15:30) 

jyugemu

京男さん、期待通りのコメント、有難うございます。
私は、時季外れか半端ものから適当なものを見繕いたいと思います。

落語『地獄八景亡者戯』より

by jyugemu (2016-11-24 16:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。