So-net無料ブログ作成

朝熊山1 [伊勢の風景]

朝熊山1

 今回は「朝熊岳 ケーブル電車及び名所 十六枚組」絵葉書を紹介します。発行者は不明です。このページの絵葉書の画像をクリックするとほぼ原寸大に拡大します。現在の写真は平成26年1
月3日にjyugemuが撮影しました。(クリックすると拡大します。)

たとう(袋)
朝熊岳ケーブル及名所00.jpg

朝熊山金剛證寺 極楽橋ト普賢大菩薩
朝熊岳ケーブル及名所14.jpg
現在の様子 絵葉書右側の建物は現在見当たりません。
DSC01139.JPG
上より少し引いた位置から撮影
DSC01138.JPG

本堂前より連珠橋を望む
朝熊岳ケーブル及名所11.jpg
現在の様子
DSC01112.JPG

本堂正面
朝熊岳ケーブル及名所09.jpg
現在の様子の写真を撮り忘れました。

本堂側面
朝熊岳ケーブル及名所08.jpg
現在の様子
DSC01115.JPG

開山堂
朝熊岳ケーブル及名所13.jpg
現在の様子
DSC01118.JPG

奥の院延命子安地蔵大菩薩
朝熊岳ケーブル及名所12.jpg
現在の様子
DSC01128.JPG

奥の院富士見台
朝熊岳ケーブル及名所10.jpg

現在の様子
DSC01129.JPG
奥の院の写真右側に少し写っている通り建物がありますので、建物内部からの風景を撮りました。

雨宝堂         
朝熊岳ケーブル及名所15.jpg

 

国宝雨宝尊
朝熊岳ケーブル及名所16.jpg
 他の朝熊山の絵葉書を見ても、左の写真のように「雨宝堂」は急な階段の上のあります。しかし、現在の雨宝堂は「連間池(つれまのいけ)」の北側に有り、そこには写真のような階段はありません。また、『金剛證寺典籍古文書』所収「建築物配置図」、『朝熊岳絵図』(天保3年開版・明治6年再刊、八太宿・近代伊勢研究家の飯田良樹先生御所蔵)においても、雨宝堂は「連間池」の横に描かれています。雨宝堂につきましては、さらなる研究が必要です。
 
 なお、現在本堂北側の明王堂が階段の上にありますが、絵葉書とは様子が随分異なります。

明王堂
DSC01134.JPG

 以下は朝熊登山鉄道(ケーブルカー)の写真です。朝熊登山鉄道については、古い記事ですが
「朝熊岳登山電車絵はがき(こちらをクリックしてください)」
をご覧ください。


朝熊山登山電車起点楠部口
朝熊岳ケーブル及名所01.jpg
国道23号線 山崎外科内科(洋服の青山)付近です。
朝熊山ケーブルカー
(電車ノ一)    
朝熊岳ケーブル及名所04.jpg 

(電車ノ二)
朝熊岳ケーブル及名所03.jpg

朝熊山ケーブルカー(電車ノ三)
朝熊岳ケーブル及名所05.jpg

朝熊山ケーブルカー
(日本一ト称セラル傾斜ノ最もモ甚ダシキモノ)

朝熊岳ケーブル及名所02.jpg

朝熊岳ケーブルカー山上停留所
朝熊岳ケーブル及名所06.jpg

山上露台ヨリ連山ヲ望ム
朝熊岳ケーブル及名所07.jpg
ケーブルカー山上駅から鳥羽方面を撮したものです。

〔参考文献〕
川口素道監修『金剛證寺典籍古文書』金剛證寺 平成6年7月


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 4

京男

こんばんは。
ここが伊勢根付で使う「朝熊ツゲ」が採れる山ですよね。
by 京男 (2014-01-26 17:46) 

jyugemu

京男さん、有難うございます。
京男さんの根付の記事を拝見して以来、朝熊山の記事を早く書こうと思っていました。今日になってやっと書くことができました。何年越しでしょうか?f^_^;
by jyugemu (2014-01-26 19:32) 

京男

おはようござます。
やっぱりそうなんだ。
ありがとうございます。
by 京男 (2014-01-27 06:24) 

jyugemu

京男さん、ありがとうございます。
伊勢には度々行きますが、朝熊山に登る機会はなかなかありません。
「京都にはここ15年間、年に3~4回は行っているけれど、延暦寺は通算で2回しか行ったことがない」という感じでしょうか。
by jyugemu (2014-01-27 20:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。