So-net無料ブログ作成
検索選択

商品陳列所 [伊勢の風景]

商品陳列所

商業陳列所.jpg 商品陳列所02.jpg
商品陳列所         高千穂館から外宮方面

 この建物は、県内物産の紹介宣伝施設として建てられました。大正15年7月11日に落成式が行われました。
 昭和10年には、「三重県商工奨励館」と改称しました。昭和17年3月31日、三重県から市に移管され、また「三重県商品陳列所」となりました。
 昭和19年に一時廃止され、市立女子商業学校に使用されました。戦後、昭和23年に厚生中学校が一時使用しました。
 昭和25年4月には、市が三重県に譲渡を受け、改装をして26年4月1日「市立宇治山田観光物産館」になりました。そして、29年6月30日に閉鎖されました。34年4月には「三重県観光物産センター」として開館しましたが、38年12月市役所新庁舎建設のため仮庁として使用されるため閉鎖されました。
 その後も図書館や消防署など市の施設として使用されましたが昭和48年にジャスコB館が完成した際市から民間に売却され、ジャスコの駐車場として利用されました。

現在の様子
DSC00425.JPG
平成25年8月30日撮影

DSC00012.JPG
平成25年4月28日撮影
左側の空き地付近が高千穂館跡地です。

〔参考文献〕
伊勢市『伊勢市史 第5巻 現代編』平成24年3月

 

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 4

京男

おはようございます。
物産を紹介する施設ですか。
いろいろな変遷があるのですね。
建物がなくなると、ここはナンだったなんてわからなくなります。
建物歴史を調べるのは、すごいと思います。
by 京男 (2013-09-01 05:42) 

jyugemu

京男さんいつも有り難うございます。
京男さんの情報は平成の京都を知るのにとても有用なHPです。
このページでもそうですが、1年たたないうちに大きく変わりました。
京都の変遷を日々記録なさっていらっしゃる京男さんには脱帽です。
by jyugemu (2013-09-01 18:53) 

道東放浪子

夢物語ですが伊勢市の変遷をコンピューターで再現できないでしょうか。例えば昭和25年をクリックすると、当時の街並みや旅館が立体的に表現される。明治20年にすると道路がどのようになっていたか。崩れたり建設されたり伊勢市が動くわけです。
つまり歴史年表の伊勢市CG版です。たくさんの経費と考証が必要でしょうね。夢物語ですね。
by 道東放浪子 (2013-12-14 15:45) 

jyugemu

道東放浪子さん、有り難うございます。
現在「伊勢ぶらり」というアプリがあります。
これをさらに進化させて欲しいと思います。

by jyugemu (2013-12-15 09:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0