So-net無料ブログ作成
検索選択

皇學館7 惟神道場3 [伊勢の風景]

皇學館7 惟神道場3 

関係ページ 皇學館       

 「皇學館3 惟神道場」「皇學館6 惟神道場2」で紹介したものと同じシリーズだと思われる絵葉書を掲載します。

惟神道場大講堂
惟神道場12.jpg
(画面をクリックするとほぼ原寸大に拡大します。)

 この大講堂は、戦災から逃れ昭和27年内宮神域に移設・改造されました。現在は饗膳所(外御馬厩西側)として使用されています。写真奥の「惟神」額も掲げられているそうです。(皇學館大学 牟禮仁教授「御衣黄桜をたづねて」による)次に、現在の饗膳所の写真を紹介します。
現在の内宮饗膳所
DSC00032.JPG
 玄関の位置は異なりますが、形は一緒です。

玄関右側から奥を望む
DSC00031.JPG
平成21年8月13日jyugemu撮影

 なお、内膳所は大々神楽をあげた人が希望すると直会の饗膳を頂くことのできる施設だそうです。(『お伊勢参り』による)

参考文献 
牟禮仁 「御衣黄桜をたづねて」  『館友』265号  平成21年7月
皇學館大學 『皇學館大學百年小史』  昭和57年4月
神宮司庁 『お伊勢まいり』 昭和62年7月


タグ:伊勢 皇學館
nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 4

京男

おはようございます。
惟神(かむながら)か。
いまの日本人はわすれつつありますね。
by 京男 (2009-08-31 07:22) 

jyugemu

建物としては「いしん」と読むそうです。(『館友』265号)
言葉の解釈は、難しいですね。

by jyugemu (2009-08-31 10:29) 

MISUZU

倉田山の皇學館惟神道場大講堂が
内宮神域に移設されていたとは意外でした。
私の記憶にある 木立のなかの古風な建物は
場所からみてもこの大講堂だったと思います。
由緒ある建物が保存されているのは
本当に喜ばしいことですね。
その証となる古い写真や記録は貴重ですね。
by MISUZU (2009-09-04 11:47) 

jyugemu

MISUZUさん、有り難うございます。
また、詳しいお話をお聞かせ下さい。
by jyugemu (2009-09-05 20:10) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。