So-net無料ブログ作成
検索選択

内宮 本物はどっち? [伊勢の風景]

内宮 本物はどっち?

 明治期の内宮の写真絵葉書を2種類入手しました。同じ版の写真だと思われます。どちらが本物でしょう?

 秋田様より、詳細な考察コメントを頂きました。どうも有り難うございました。

その1
内宮01.jpg
画像をクリックするとほぼ原寸大に拡大します。手彩色。

内宮02.jpg
画像をクリックするとほぼ原寸大に拡大します。

 『写真集 三重百年』には「その2」と同じ写真が「明治8年、東京の写真家伊藤某が撮影した内宮」との説明とともに掲載されています。『写真集 明治大正昭和 伊勢 二見 小俣』に、この写真と同様に、御正殿と東西宝殿がほぼ一線に並んでいる写真が掲載されています。その説明によると、この配置は天正13年(1585)から明治22年(1889)までに行われていたそうです。
 手彩色の写真は何らかの事情で、ネガが裏表反対になってしまったものだと考えられます。

タグ:伊勢 内宮
nice!(10)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 10

コメント 7

nd502

昔の印刷物は結構、裏焼きがあったそうですね。
by nd502 (2009-03-31 20:48) 

京男

こんばんは。
なぜそうなったのかミステリーですね。
それとも単純ミスか。
by 京男 (2009-03-31 20:51) 

jyugemu

nd502さん、京男さん有り難うございます。
nd502さんのおっしゃるとおり同様の例があります。
裏焼きは、京男さんのご指摘の通り単純ミスだと思われます。
by jyugemu (2009-03-31 21:57) 

たいせい

 伊勢神宮は太古よりかわりがないものと思っていましたが、建物の配置(寺院じゃないので伽藍ではないですね)は時代によって変わっていたのですね。
 変わっていった理由とかがわかると大変面白そうですね。
by たいせい (2009-04-01 14:31) 

jyugemu

たいせいさん、有り難うございます。
残念ながら手元の資料では分かりません。
この件も探求テーマとしていきたいと思います。
by jyugemu (2009-04-01 19:56) 

秋田

jyugenmuさんご無沙汰しております。
またまた拙い推測ですが、上の写真には「伊勢大廟外宮」と書いてあり、下は「伊勢内宮大廟」と書いてあります。正殿の形式(外宮は宝殿の位置が正殿の前方、千木の切り欠きが垂直、鰹木が9本)から考えて、明らかに上の写真は外宮ではありません。従って、この2つの写真は内宮のものでしょう。
まず、背後の山に注目しますと、内宮の正殿は外宮同様に真南を向いていますので、背景の山の方向は西北西あるいは東北東だと思われます。そうなると西北西にあるのは鼓ヶ岳、東北東だと朝熊岳の海側でない側面のどちらかになりますが、山の形の資料がないために断定はできません。
さらに正殿等の位置から考えてみます。正殿等の位置は遷宮毎に右左敷地に入れ替わります。遷宮毎の正殿に向かっての位置は過去の写真や地図から次のようになっていたと推測しています。
平成5年(右)、昭和48年(左)、昭和28年(右)、昭和4年(左)、明治42年(右)、明治22年(左)、明治2年(右)。写真を良く見ますと前方の一線に並んだ正殿と東西宝殿の垣根のさらに後ろに建物があり、左の2つの建物の間に人が立っていて、その背後に建築資材のようなものが見えます。このことから遷宮を前にして、新しい正殿等を建設しているのではないでしょうか?正殿と東西宝殿がほぼ一線に並んでいる配置は明治22年までに行われていたということですので、明治22年の遷宮の時には現在の新しい配置になったと仮定しますと、この写真は明治22年の遷宮前の写真ということになり、正殿等の位置は明治2年より右側だったということになります。
結論としては白黒の写真が本当の方向で、明治22年の遷宮直前のものと推測します。そして背後の山は鼓ヶ岳ということになりますが、果たしてこの方向に鼓ヶ岳が見えて、この形をしているものか、次回訪問した時に確認します。
ただ、中央前に人が立っていますが、現状の神域外の立ち木から見た時に、手前方向にこの視野で写真を撮れる空間がないように思いますし、人が立っている石垣のようなものがあるようには思えませんので、私の推測にはまだまだ疑問が残ります。
何時も長文で済みません。
by 秋田 (2009-05-02 18:23) 

jyugemu

秋田さん、いつも詳細な考察を有り難うございます。
写真の裏焼きやキャプションの誤植はたまに見かけます。
今後ともご教示よろしく御願い申し上げます。
by jyugemu (2009-05-03 08:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。