So-net無料ブログ作成
検索選択

宇治橋公園2 [伊勢の風景]

宇治橋公園2  

関係ページ 宇治橋公園   

 以前、内宮前にあった
「宇治橋公園」のパンフレットを紹介しました(こちらをクリックして下さい)。パンフレットの裏に「参宮館の内容」と題して展示内容が紹介されています。(画像はこちらをクリックして下さい) 今回、その絵葉書を入手しましたので、パンフレットの説明文(青色)とともに3回に分けて紹介します。なお、パンフレットの旧漢字はjyugemuが改めました。このページの画像をクリックすると、ほぼ原寸大に拡大します。

新伊勢名所 参宮館の内容
 参宮館は、神宮の御事蹟及び我国歴史上の重大史実、古来の伊勢参宮風俗、神都の民人が神恩奉謝の至念を捧げて、神宮に奉仕せる淳朴なる郷土風俗等を、精巧なる十三場面のパノラマに、最新式電気応用自働装置によりて其の実態を表現したるものにして国民精神の作興に資すべく、真に我国体の精華を登揚せる神都唯一の施設である、本館を一覧して始めて伊勢参宮をして意義あらしむるものといふを憚らない、左に各場面の概要を摘記する

絵葉書たとう
参宮館00.jpg

一、神宮御造営御用材の奉曳
       ……陸曳きの盛儀
参宮館11.jpg
 伊勢紳宮に二十年毎に新しく御造替相成る古来の制度である、その御用材は木曽御料林から伐探ぜらる、(陸曳)と申すは宮川貯木場に保管されたる御用材を、特に新調ぜられた御木曳き車に奉載して旧神領民、即ち宇治山田市及び附近町村民が挙って神恩報謝する盛大なる行事である、本場面は間口四間

二、神宮御造営御用材の奉曳
       ……川曳きの盛儀
参宮館12.jpg

 五十鈴川水流を利用して御用材な内宮工作場へ運搬する所から陸曳きに対して川曳きといふ、本場面は間口三間半、大正十一年五月の奉曵行事を模写したもので、久邇宮殿下御一族の方々にも御台覧遊ばれた盛事中の最も盛大な場面である

三、倭姫命、大宮地御選足
参宮館13.jpg
 今を距る一干九百三十余年前(紀元六百五十七年)垂仁天皇の二十六年、皇女倭姫命、勅命を奉じ給ひて、皇大榊の鎮り坐す大宮地な定め奉るため、近畿各地な経めぐり給ひて伊勢の国に御遷幸、数々の御辛酸な嘗めさぜられたる末、猿田彦命の末裔太田命の御教導により、五十鈴川の上に大宮地を定めさぜ給ひ、こヽに始めて神宮を御創建遊ばされた史実を、間口三問の本場面に模写したものである

四、神宮式年正遷宮祭
 ……神儀渡御の厳儀
参宮館04.jpg
伊勢紳宮に二十年毎に新しく殿舎を御造営相成り旧殿舎より新殿に御遷り遊ばさる、これを式年正遷宮と申し奉る、その第五十八回目の式年正遷宮は、昭和四年十月二日内宮、同五日外宮に於て執り行はせられ奉遷勅使以下三百余名の神官奉仕、皇族方な御代表遊ばされた各宮殿下な始め奉り、内閣総理大臣以下文武百官参列し、いとも厳粛壮重に御遜宮式を執行はれた、この日、聖上陛下には畏こくも神儀渡御の御時刻、宮中に於ぜられて親しく神宮を御遙拝御遊されたと拝承する、此の場面は間口十間

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 2

nd502

国家神道の重みを感じます。
by nd502 (2008-12-08 23:36) 

jyugemu

nd502さん、有り難うございます。
戦前の日本が進んだ道が、どのように形成されたのか。
その一端を示すものだと思います。

「情報」ってある意味恐ろしいですね。
by jyugemu (2008-12-09 20:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0