So-net無料ブログ作成
検索選択

お木曳25 [式年遷宮]

お木曳25 昭和17年のお木曳  

関係ページ  お木曳  
     14 15 16 17 18 
             
19 20 21 22 23 24

 以前、「お木曳20」で、I様所蔵資料のうち、昭和17年のお木曳のカラー絵はがき6枚を紹介しました。 (こちらをクリックしてください) 今回、同じシリーズと思われる絵葉書を6枚入手しましたので、紹介します。全て絵画研究会の発行です。なお、このページの画像は、クリックすると全てほぼ原寸大に拡大します。まず、陸曳きの絵葉書を紹介します。

神都二俣町通りを曳進する典雅を極める神宮式年御造宮用材奉曳。
御木曳0801.jpg奉曳団不明

奉曳車の軋りも荘重に町々を曳進する神宮式年御造宮用材奉曳。
御木曳0805.jpg
明確ではありませんが奉曳車の木札に「中?」とあります。中島町でしょうか。

神域に近く木遣り音頭もひときは高く感激にふるふ神宮式年御造宮用材奉曳。
御木曳0806.jpg奉曳団不明

神都町街を曳き進みて月夜見宮に安着せる神宮式年御造宮用材奉曳。
御木曳0802.jpg
八日市場町

 次に川曳きの絵葉書を紹介します。
純白の奉曳衣も古式床しい神宮式年御造宮用材奉曳。
御木曳0804.jpg
中之町(橋の上には楠部町の幟も見えます)

五十鈴川に描き出されたる神宮式年御造宮用材奉曳川曳の壮観。
御木曳0803.jpg


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 4

コメント 5

nd502

着色写真が時代を物語りますね。戦時中でもまだ若干のゆとりが
あったんですかね。
by nd502 (2008-09-28 21:53) 

京男

おはようございます。
いまも昔もかわらない姿ですよね。
いつか数年前に見たのを思い出します。
by 京男 (2008-09-29 05:15) 

jyugemu

nd502さん、有り難うございます。
戦中の国威昂揚の意味もあったのではなかろうかと思います。

京男さん、有り難うございます。
昨年のお木曳に参加しました。
ものの本に「お木曳は白装束だ」と有りましたので、
白いジャージを購入しました。
しかし、このように言われるようになったのは、
この戦中のお木曳からだと思われます。
by jyugemu (2008-09-29 21:19) 

やすだひとし

はじめまして、いつもこっそりROMってましたが、
三枚目の「奉曳団不明」に心当たりがあるのでコメントさせてください。

絵符に「御式木」とあるのは御木曳初式の一番車のことで、
奉曳団は小川町だと思います。

「お木曳3」にある四枚目の写真が、まったく同じではありませんが、
ほぼ同じタイミングで撮影された写真のように見えます。
by やすだひとし (2008-10-13 15:28) 

jyugemu

やすだひとしさま、貴重なコメント有り難うございます。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
>いつもこっそり
このブログは、資料の公開を目的としています。
堂々とお持ち下さいませ。(^_^)
by jyugemu (2008-10-13 20:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0