So-net無料ブログ作成
検索選択

お木曳12 [式年遷宮]

お木曳12 (I様所蔵資料)

関係ページ  お木曳    10 11

 今回もI様所蔵絵葉書のうち、大正時代に行われたお木曳の絵葉書を紹介します。
 なお、縦長のものはほぼ原寸大です。横長のものは、約92%に縮小しました。(特記のものを除く)

たとう(袋)

 
裏面には「知新堂発行」とあります。「お木曳11」で紹介した「南陽堂」と何らかの関係があると考えられます。

伊勢神宮御造営材御木揚之光景

 唐突ですが、ここでクイズです。「お木曳11」(こちらをクリックしてください)の1枚目に紹介した絵葉書と同じ写真ですが、1カ所だけ異なる点があります。それはどこでしょう。

正解は「写真手前のたばこの看板が消されている」です。
(前掲のものを50%に縮小)

伊勢神宮御造営材 御木曳之光景 (中島町)

 これも、「お木曳11」で紹介した絵葉書のうち4枚目のものと同一の写真ですが、加工がしてあります。それは番傘が洋傘に変えられているという点です。(1カ所は消されています。)
(前掲のものを50%に縮小)

 このように、「知新堂」と「南陽堂」両者とも全く同じ写真を使っていますいますので、何らかの関係があったと思われます。撮影を同一のカメラマンに依頼していたのでしょうか。番傘を洋傘に変えているところは、「モダニズム」の表れでしょうか?

伊勢神宮御造営材 御木曳之光景 (小川町)

 こちらも、「お木曳き11」に紹介したものと同じ写真を使っていますが、加工はされていません。

伊勢神宮御造営材 御木曳之光景 (中島町)


伊勢神宮御造営材 川曳之光景 (古市)


伊勢神宮御造営材 川曳之光景 (朝熊)

伊勢神宮御造営材 川曳之光景 (奉曳団不明)


nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 7

コメント 5

nd502

よく気づきましたね。奥が深そうな逸話です。
by nd502 (2008-02-11 09:16) 

SUKUN

「知新堂」?
「知新堂書店」というのが高柳商店街にあります。
歴史のありそうな本屋さんなので関係あったりして。
by SUKUN (2008-02-11 13:14) 

Baldhead1010

消した跡が分かりますね^^
by Baldhead1010 (2008-02-11 16:29) 

syousyou

伊勢神宮造営用に太い柱を皆で引っ張って運んでいたんですね。
今でも遷宮のたびに同じように行なっているんでしょうか?
by syousyou (2008-02-11 16:30) 

jyugemu

皆さん、ご訪問・nice・コメント有り難うございます。
nd502さん 
どこの奉曳団かを検討しているときに気づきました。
SUKUN さん
情報有り難うございます。また高柳商店街にも行ってみたいと思います。
Baldhead1010さん
どうでしたか?私は思わず笑ってしまいました。
syousyouさん
平成17年と18年に御木曳が行われました。
このブログでも紹介しています。
動画では、メディアコアのHP『遷宮チャンネル』「お木曳」を是非ご覧下さい!!
by jyugemu (2008-02-11 18:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。