So-net無料ブログ作成
検索選択

古市散策1 [平成の伊勢]

古市散策1 小田橋から倭町

関係ページ   (倭町~大林寺)
          (桜木地蔵さん・猿田彦さんの大祓)
          (牛谷坂~参宮資料館)

 平成19年12月30日・平成20年1月1日の2日にわたって、伊勢市立伊勢古市参宮資料館発行の『古市参宮街道てくてくまっぷ』を片手に、古市街道を歩いてきました。その様子を紹介したいと思います。

小田橋

 古市参宮街道の入り口です。小田橋北側から古市方面に向かって撮りました。犬が1匹で散歩に来ていました。

妙見堂入口

 現在、この周辺は尾上町といっていますが、元は「妙見町」といいました。しかし、明治元年11月度会府より郷名廃止並びに寺院号を冠せられた町名は改称すべき布告が出ました。そのため「妙見町」から「尾上町」と改名されました。なお、古市街道沿いでは、「常明寺門前町」が「倭町」、「下地蔵町」が「中之町」、「上地蔵町」が「桜木町」と改称されています。
 写真上の幟の立っているところが妙見堂跡です。古市街道から東方向を撮りました。

虎尾山入口
 
妙見堂入口の少し小田橋寄りの所に小説・アニメ・映画『半分の月がのぼる空』の舞台となった虎尾山(砲台山)に至る道があります。『半月』の舞台巡りについては、NPO法人自利利他のHP「『半月』探訪地図」をご覧ください。(こちらをクリックしてください。)

 
なお、『てくてくまっぷ』の年表には「明治32年(1899) 料理旅館[五二会館]永代山に開業」とあります。これは、「永代山」ではなく「虎尾山」の誤りだと考えられます。残念!

藤屋跡

 藤屋は十返舎一九の『東海道中膝栗毛』の弥次さん喜多さんが泊まった宿屋です。跡地は写真右側白い建物の辺りです。尾上町バス停前です。
 『東海道中膝栗毛 第五編追加』には、弥次さんが喜多さんとはぐれてしまう場面があります。弥次さんはその日、宿泊する予定の宿屋へ行こうとします。しかし、宿屋である「藤屋」の名を忘れてしまい、「何でも棚からぶらさがってゐるよふな名であつた。モシモシ妙見町に、ぶらさがってゐる宿屋はございやせんか」といいながら、やっとの事で藤屋へたどり着きます。
 この写真は、小田橋側から古市方面に向かって撮りました。写真右端の門扉から奧にはいると寿厳院です。

寿厳院

扁額

 「隠岡山」とあります。近くに弥生時代から平安時代の遺構が発見された「隠岡遺跡」があります。寿厳院は、元和元年(1615年)開基の浄土宗のお寺です。『伊勢市史 第7巻 文化財編』には、寿厳院の六地蔵石幢が紹介されています。

間の山 お杉お玉



 お杉・お玉とは、三味線や胡弓をならし歌を唄い、参宮者に愛嬌を振りまき投銭を請うた芸人です。この歌は、近松門左衛門の浄瑠璃「夕霧阿波の鳴門」や山東京伝の小説にもでてくるそうです。参詣者が顔に向けて銭を投げると撥で受けたり体を動かしてよけたりしました。お杉お玉は固有名詞ではなく、同時に何組も何代もいた芸能者の通称です。
 『東海道中膝栗毛 五編追加』にもお杉お玉が出てきます。弥次さんと喜多さんがお杉お玉の顔に銭を当てようとしますが、うまくよけて全くあたりません。さらに、弥次さんが小石を投げると撥で受け、逆に投げ返して弥次さんの顔に「ぴつしやり」と当たり、喜多さんが大笑いするという内容です。
 
なお、石碑は写真奧黒い車(電柱の向こう側)の辺りにありますが、「てくてくまっぷ」には写真左側の茶色の民家の辺りに印が付けてあります。古市側から小田橋方面を望んで撮った写真です。

両口屋(角屋)

 古市の坂を上がり、三交バス倭町近くの三叉路に蔵をもつ家があります。ここは元、「角屋」という旅館兼寿司屋でした。しかし、2度の焼失の後、角屋を買い取った人が両口屋として旅館を経営しましたが、昭和45年に廃業したそうです。

参考文献
伊勢市立伊勢古市参宮資料館発行 『古市参宮街道てくてくまっぷ』
                               発行年月日不明
宇治山田市     『宇治山田市史』上・
下  昭和4年
伊勢市        『伊勢市史』     昭和43年3月
伊勢市商工会議所・伊勢文化舎
             『検定 お伊勢さん 公式テキストブック』
                         平成18年4月
伊勢市        『伊勢市史 第7巻 文化財編』  平成19年3月
麻生磯路校注   『東海道中膝栗毛』 昭和33年5月 岩波書店


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0