So-net無料ブログ作成

伊勢電の遺構2 [伊勢の風景]

伊勢電の遺構 2

関係ページ  伊勢電鉄      伊勢電鉄の遺構 
 

 最近、よく紹介している、絵葉書集『伊勢百八景』の内の一枚に、このようなものがあります。(ほぼ原寸)

キャプション 真中上:省線宮川鉄橋。対岸も遠く……河床あらはに。
         右  端:近代的力学応用の伊勢電、宮川鉄橋
         左  端:倉田山に花咲けば、旅の心にうれひなし。
              (旧漢字はjyugemuが改めました)

 伊勢電鉄の宮川鉄橋は昭和17年参急伊勢線新松阪~大神宮間廃止後戦後、橋梁は撤去されました。しかし、その一部が、豊橋駅構内を東西に跨ぐ「城海津渡線橋」に転用されました。トラスを2連つないで少し短くしたものなので、当初の形とは少し異なりますが、現在も使われています。現在の様子を紹介します。(平成19年8月18日jyugemu撮影)



他の古絵葉書に見える宮川鉄橋 (ほぼ原寸)


渡線橋西側から東側を望む(平成19年8月18日jyugemu撮影)


なお、伊勢の宮川には、橋台の跡が残っています。詳しくは「伊勢電鉄の遺構1」(こちらをクリックして下さい)をご覧下さい。

また、最初に紹介した『伊勢百八景』のその他の写真については下記をご覧下さい。
  右上 省線(現JR)宮川鉄橋について→
「宮川鉄橋1」(こちらをクリックして下さい。)
  左下 倉田山の桜について→ 「倉田山絵はがき2」(こちらをクリックして下さい。)

参考文献 
徳田耕一 『近鉄の廃線を歩く』 JTB 平成18年





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0