So-net無料ブログ作成

伊勢電と瀬戸電の社章 [伊勢の鉄道]

伊勢電と瀬戸電の社章

瀬戸電気鉄道株式会社が発行した絵葉書を購入しました。

 
ほぼ原寸  瀬戸町伊里写真館調製

 この絵葉書は、HP『地図の資料館』「
戦前の地図絵葉書ギャラリー」第5弾でも紹介されています。それによると、大正初期のものだそうです。
 瀬戸電気鉄道は、明治38年に愛知県の瀬戸~矢田間で開通しました。そして、昭和14年に名古屋鉄道に合併されました。
 ここの絵はがきを購入したのは、上で紹介した裏の絵地図が良かったからではなく、表面の社章に惹かれたからです。これよとよく似た社章を、以前このブログでも紹介しています。「
伊勢電気鉄道発行絵はがき1


                
   伊勢電気鉄道の社章         瀬戸電気鉄道の社章

 いずれも真ん中に「電」があり、周囲に三重県?の「三」か、瀬戸の「セ」かが取り巻いているだけの違いがあるだけです。会社の設立は、ほぼ同時期です。よって、「同じ作者によるもの」「当時このデザインが流行していた」といった事が考えられます。もっとも、偶然の一致かも知れません。興味深いことであり、折を見て調査をしたいと思います。(これもいつになる事やら・・・)

平成27年4月1日追記
けんさん様よりコメントに貴重なご教示を頂きました。
以下再掲致します。
「社紋(社章)について、伊勢電気鉄道の方の電の字の周りには三の字が8個あります。これでミヤです。三の字は川とも読めますので、全体でミヤガワ=宮川です。つまり、伊勢電の最初の社名である宮川電気を表しています。また、瀬戸電はセの字が10個でセト=瀬戸です。当時の社紋の多くにこうした判じ物のようなデザインが見られます。」けんさん様

参考HP                                                                        
「110年を振り返る」 名古屋鉄道
地図の資料館


タグ:伊勢 神都線
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 2

けんさん

社紋(社章)について、伊勢電気鉄道の方の電の字の周りには三の字が8個あります。これでミヤです。三の字は川とも読めますので、全体でミヤガワ=宮川です。つまり、伊勢電の最初の社名である宮川電気を表しています。また、瀬戸電はセの字が10個でセト=瀬戸です。当時の社紋の多くにこうした判じ物のようなデザインが見られます。
by けんさん (2015-03-24 20:21) 

jyugemu

けんさんさん貴重なご教示有り難うございました。
昔の人は洒落ていますね!!
by jyugemu (2015-04-01 18:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。