So-net無料ブログ作成

お木曳8 [式年遷宮]

お木曳8 5月26日~27日の報告

 今日で陸曳きが終了しました。この週末は伊勢に行くことができなくて残念でした。次の陸曳きは19年後かと思うと、感慨深いものがあります。
 1週間遅れましたが、5月26日~27日の本町奉曳団の様子を報告します。今回お世話になりました、ビジネスホテル山本(伊勢市駅前)の御一家の皆様、本町奉曳団の皆様方、同役のmonta君・りゅうたろう君、そして、なぁ↓さん・なつ君どうも有り難うございました。m(_ _)m

5月26日 
上せ車出発        

慶友病院前で休憩  出発前に提灯の明かりがともりました

中島出発点に到着    

(おまけ)「アムロ、エンヤ~」  〔高柳商店街入口〕        
月の泡沫

」の なぁ↓ さんに連れて行っていただきました。

5月27日 

ドンデン 

出発式                     

出発前の木遣り歌               

ドボン

 5月の土・日は伊勢に通い、多くの団のお木曳を拝見しました。また、各奉曳団の関係者の方々を始めとする、皆様方のホームページやブログも拝見しました。それぞれの団とも色々な特徴があることが分かりました。20年に1度とはいうものの、準備期間を含めると長い時間と多大な労力のいる儀式だと思います。各団ごとに多くの人々が協力しあって成立している行事であると痛感しました。
 今回、このような素晴らしい神事を、長い間続けている伊勢の皆さんの心意気の一端に触れることができ、非常に良い経験をさせていただきました。
 これからも、このような行事は伝えられていくと思います。伝統があればあるほど、新しい試みとの対立はある思います。しかし、新たな取り組みをしていかなければ伝統は継承されないものだと思います。
 ただ、お木曳は、あくまでも「神宮の御社殿で用いられる御木を奉曳する神事」ですので観光や、楽しみがだけが目的の行事になってしまわないことを一観光客として願います。 

6月9日追記  「1日神領民」の方々のための車は、御木を載せたままトレーラーでスタート地点へ回送されていました。最終的にその御木はどうなってしまったのでしょうか?

 

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 2

自利利他

先日は、いろいろとお手伝い頂き、有難う御座いました。
感謝いたします。

5年という長かったのか?短かったのか?の準備期間をもって行われた今回の奉曳行事。

まずは、事故無く、無事に執り行うことが出来、嬉しく思っています。

本文末の2行は、真にそう思います。

次回、お木曳きは、19年後ですが、平成25年、つまり6年後は、「白石持ち」です。

この行事にも出来ましたらご参加下さい。

今回は、有難う御座いました。
by 自利利他 (2007-06-06 21:39) 

jyugemu

自利利他様、いつもご訪問有り難うございます。
こちらこそ本当にお世話になりました。
お言葉に甘え「お白石持ち」もよろしくお願いいたします。
虎尾山の方も参加したいと思います。
by jyugemu (2007-06-08 23:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0