So-net無料ブログ作成
検索選択

お木曳1 [式年遷宮]

お木曳1

「祝 お木曳」

第10回ソネブロ写真展示会 出品作品 テーマ「祝」

tanamasa63 さんの第10回ソネブロ写真展に参加を致します。

http://blog.so-net.ne.jp/tanamasa/2007-03-21-1

 神宮(伊勢神宮)では20年に1度、社殿の建っている場所を改め、社殿や神宝を一新します。その行事を「式年遷宮」といいます。次回は平成25年に行われます。それに向け、去年・今年と社殿の御用材を地元の方々が外宮・内宮に曳き入れる「お木曳き」が行われています。

 本日お木曳きを見に、伊勢へ行ってきました。伊勢のNPO法人「自利利他」の山本さん(外宮前「ビジネスホテル山本」)から自転車をお借りして、筋違橋まで行ってみました。

船江町

神久社

神久社(筋違橋での木遣り歌)

河崎六ヶ町

 初めて、お木曳きを拝見しました。特に外宮前のNTTの辺りから行われる「エンヤ曳き」(駆け足で外宮北門に入る)の迫力は満点でした。

 奉曳車は、外宮到着後クレーンでトレーラに載せられていました。  ←この一節を5月8日に下記の通り訂正しました。

 「1日神領民」の方々のための車は、スタート地点へ回送するため、トレーラーに乗せられていました。

 この記事の私の誤りにつきましては、このブログのコメント欄において、いせのもり様から、「お木曳\若い衆/プロジェクト」内のbbs「『見たぞお木曳き』みんなでレポートプロジェクト」(http://www.1616bbs.com/bbs/okihiki.html)において浜千鳥様からご教示をいただきました。どうも有り難うございました。

 旧神領民の奉曳団のみなさんが曳いたものは、外宮内の神宮山田工作所の池に全て納めるとのことです。空になった車に飾り付けをしたり、パフォーマンスをしたりして帰る奉曳団があるそうです。

 皆様ご教示下さいまして、誠に有り難うございました。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 今後また機会を作って、お木曳きについてよく学習してから見に行きたいと思います。


nice!(8)  コメント(7)  トラックバック(2) 
共通テーマ:地域

nice! 8

コメント 7

masa63

第10回ソネブロ写真展示会に出品いただきありがとうございます。
そういえば昨年、伊勢神宮を参拝した際、式年遷宮の案内が掲示されていました。お木曳きは神聖な行事であると同時に祝祭でもあるんですね。
by masa63 (2007-05-06 00:03) 

いいだや

雄壮ですね。
by いいだや (2007-05-06 07:59) 

jyugemu

tanamasa63さん、いつもお世話になり有り難うございます。
各町ごとに団を結成し木を曳くようですが、木を曳かなくても
沿道を一緒に歩く人もいて、文字通り町内総出の行事のようです。

いいだやさん有り難うございます。
一度見ただけでは飽き足らない行事です。
また、伊勢行って写真を撮ってきます。
by jyugemu (2007-05-06 11:44) 

いせのもり

トレーラーに乗った車は一日神領民という全国からのお客様に曳いていただく車をスタート地点に運ぶためです。

エンヤ曳きでひきこんだ奉曳団の木は神宮の貯木池にどぼんと納めて
行事が終了。
車はそこで解体されるか、帰り車といって自町までまた曳いていく町もあります。今度は「どぼん」まで見てみてね!
by いせのもり (2007-05-07 22:10) 

jyugemu

いせのもりさんご訪問有り難うございました。
やはり、地元の方の情報が一番ですね。
次回は必ず「どぼん」や「ドンデン場」も拝見します。
また、色々とご教示下さいますようお願い申し上げます。
by jyugemu (2007-05-07 22:23) 

まるよ

ご訪問いただきまして、ありがとうございました。
迫力ですねー^^
「エンヤ曳き」は、やっぱりエンヤエンヤと掛け声をかけるのでしょうか??
by まるよ (2007-05-11 23:08) 

jyugemu

まるよさん、ありがとうございます。
御指摘の通り、掛け声をかけます。迫力満点です。
by jyugemu (2007-05-11 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。