So-net無料ブログ作成

虎尾山11(伊勢参宮案内地図) [虎尾山]

伊勢参宮案内地図 (地名について)

☆この記事は私の所蔵する数少ない資料(古地図)を参考にして書いたものです。従ってまだ検討する必要があります。(この記事を転載等される場合はお気を付け下さい)

関係ページ 虎尾山          10

      
拡大図(ほぼ原寸大)はこちらをクリックしてください(yahoo!IDをお持ちの方のみ)。

 奥付に、「昭和十二年一月十日発行  編集権印刷発行者 大淵善吉  発行所 駸々堂旅行案内部」とあります。これと同じ発行者で昭和十年に発行されたものも所蔵しています(「伊勢山田五二会ホテルより伊勢湾を望む」で一部を紹介)。
 昭和2年のものと12年のものとの大きな違いは、この間に参急電車・伊勢電鉄が開通し、その路線が記入されていることです。また、昭和4年に式年遷宮が行われており、内宮・外宮とも社殿の位置が書き換えられています。
 ただ、虎尾山については、両者とも「笠松山」「虎尾山」が並記されています。     
虎尾山付近拡大図(約1.2倍) 青色はバス路線 赤色は鉄道路線

 ここで、私が所蔵する地図・パンフレットに記入されている、虎尾山の名称についてまとめたいと思います。明治末年は「虎ヶ尾」と呼ばれていました(虎尾山6)。それが大正時代には「笠松山」とも呼ばれるようになりました(虎尾山7)。 しばらくは、「笠松山」「虎尾山」両方で呼ばれていたようです。
 私が所蔵する昭和初期までのパンフレットや地図で虎尾山の地名が明記されているものは、上記のものを含め10点あります。上記以外のうち8点は「虎尾山」、2点は「虎尾山遊園地」とあります。よって、一般的には「虎尾山」と呼ばれていたと思われます。


 なお、昭和25年以降に宇治山田観光協会が発行した、『宇治山田市案内図』(B4版)には、地図中に「虎尾山」とだけ記入があります。拡大図(原寸大)はこちらをクリックしてください(yahoo!IDをお持ちの方のみ)。 
裏面に次の文章が載っています(旧漢字はjyugemuが改めました)。

虎尾山遊園地 (近鉄終点より徒歩十分)                                      虎ヶ尾山は尾上町の南方に在り、山嶺には古松の枝葉が四方に展伸したのがあり、俗に傘松と云われていましたが、今は枯れ果てゝその俤を偲ぶよすがもありません。此の山の西に八幡山、南に永代山があります。位置は恰度市の中央にあり、又山容は近鉄・国鉄線から望むことができます。
 この資料から、戦後しばらくは虎尾山遊園地が存在たと考えられます。また、「虎ヶ尾山」とあることも注目されます。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

nice! 2

コメント 4

TIshino

こういったパンフレットが残っているって言うこともスゴイですねぇ
大事な歴史遺産ですね
by TIshino (2006-08-17 17:24) 

jyugemu

先日、tishi998さんのブログに誘われて、二月堂の夕日を見てきました。
ならまちの奈良市史料保存館では「奈良観光のあゆみ」と題して、
大正から昭和(戦前)の観光案内等の展示がしてありました。
私は、伊勢のものを収集しています。この1年集めた手応えでは、
全国に残っているものを集めれば、奈良や京都に負けないくらいの
素晴らしい史料が集まるのではないか、と思います。
by jyugemu (2006-08-17 18:43) 

TIshino

私の書いた記事で二月堂に行かれたのですか~
なんだかうれしいです(^^
夕日の眺めはいかがだったでしょうか

伊勢ってもの凄く歴史が深い場所だと思いますよ
それも奈良や京都よりも

伊勢神宮には天皇家の王女が斎宮として行ってますし
倭建命の叔母さんで、伊勢斎宮のヤマトヒメも倭建命に剣と衣服を渡し
その剣が後に草薙の剣になり、衣服はクマソタケルをうつのに使われたそうやし
また私の気にかかる話しとして大津皇子の実姉の大伯皇女も伊勢の斎宮です

私のブログに登場した野宮神社も
伊勢斎宮として向かう皇女がここで清め
そして伊勢に向かうという神社だったそうです
by TIshino (2006-08-17 22:56) 

jyugemu

二月堂の夕日は最高でした。また、訪れたいと思います。

斎宮といえば『伊勢物語』を思い出します。
現明和町には斎宮歴史博物館があり、斎宮についての展示がされています。
by jyugemu (2006-08-18 20:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。