So-net無料ブログ作成

伊勢電気鉄道発行絵はがき1 [伊勢の鉄道]

伊勢電気鉄道発行の絵はがき1

関連ページ 伊勢の市電1 伊勢の市電2 伊勢の市電4

「伊勢電気鉄道」が発行した絵葉書を入手しました。

(裏面 ほぼ原寸)

(表面 約4分の1に縮小)


伊勢の市電の開業当初の歴史を少し紹介します。
 伊勢の市電は明治36年(1903年)宮川電気(株)によって本町~二見間が開通します。
 明治37年(1904年)社名を伊勢電気鉄道に変更します。(現近鉄名古屋線の一部を建設した伊勢電気鉄道とは別会社です。)
 明治39年(1906年)に古市口~宇治(のちの猿田彦神社前)が開通します。そして大正3年(1914年)に宇治~内宮前が開通します。大正11年(1922年)に社名を三重合同電気と改称します。
 
 この絵葉書には内宮正殿とともに内宮停留場の写真がありますので、大正3年~大正11年に製作されたものであるといえます。
 宛名記入欄下部には「伊勢電気鉄道発行」「西濃印刷株式会社製」とあります。

 ここで注目したいのが切手貼附欄の社紋と思われる模様です。

これは「伊勢の市電1」で紹介した切符と同じ模様です。従ってこの切符は伊勢電気鉄道時代のものであると考えられます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行・地域(旧テーマ)

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。