So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

柏屋旅館(伊勢神社港へ) [伊勢の風景]

柏屋旅館(伊勢神社港へ)
 大軌参急電車の神社港を紹介する広告を紹介します。
表面
柏屋01.jpg
 現近鉄の「宮町駅」が「外宮前駅」となっています。外宮前駅の開業が昭和5年、宮町駅への改称が昭和8年ですので、その頃に制作されたと考えられます。
 なお、松阪駅の隣の「参急松江駅」は、昭和5年に開業しましたが、参急が伊勢電鉄をした後、昭和12年に現在の「松ヶ崎駅」が開業するに当たって廃止されました。
 「神社」は「かみやしろ」と読む地名です。

裏面
柏屋02.jpg
原寸:横19㎝×縦15.9㎝

 裏面には神社にある「柏屋旅館」が紹介されています。常磐万作さんから現在は休業中とのコメントを頂きました。

現在の様子 
平成30年5月26日jyugemu撮影
DSC07810.JPG
DSC07821.JPG
DSC07825.JPG

東隣は新玉湯(廃業)でした。
DSC07816.JPG


nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:地域

『いにしえの伊勢』伊勢関係目次 [このブログについて]

『いにしえの伊勢』伊勢関係目次
4.jpg

・このページの題名と、それぞれのページの題名は一致しません。
・このページのリンクをクリックすると、新しい窓で開きます。
・ページ左下の検索や左のカテゴリをご利用の方は、それぞれのページが途中で切れている場合があります。その際は、ページの題名(各記事の最上部・オレンジラインの中の白抜きの文字)をクリックして下さい。

近代伊勢研究家の秋田様のHP「伊勢探訪記」(こちらをクリックしてください)にリンクをくださっています。私のブログの記事も秋田様の研究の成果を基にしているものも多くあります。こちらも是非ご覧ください。


式年遷宮関係
お木曳き 大正11・12・15年
      
      (←一部明治)
      
  10 11 12 13 14
     昭和17・18年 
      
         10
      11 12 
      平成19年  
          
      その他    
本町の日の丸について  
            
小川町大正・昭和17年

宇治橋渡式 明治・昭和・平成

お白石持ち 平成25年  内宮  外宮 
      昭和4年  
 
             
(←上せ車も)
                
      明治42年
遷宮記念絵はがき 
    
 (昭和4年)   
    
 (昭和4年 お白石持・宇治橋渡初式)
    
 (昭和28年)   (昭和4年)  
    
 (明治42年)   (明治42年)
    
 (昭和4年 お木曳・お白石持・宇治橋渡初式)
御遷宮奉祝博覧会(昭和5年) 
     
御遷宮記念お伊勢さん博覧会(昭和28年)   

伊勢の風景 
内宮     
     宇治橋    内宮奉献大砲
     飛び石
街並 山田駅(現伊勢市駅)界隈

      昭和5年頃の山田駅(現伊勢市駅)周辺航空写真
     山田駅     2  3
     山田駅前 
          

     山田三方会合文庫   高柳商店街
     不動貯金銀行山田代理店 (現伊勢市観光案内所)
            菊一文字  商品陳列所

     豊川茜社稲荷神社
     百五銀行伊勢支店
     宇治山田郵便局前       
     新道商店街    厚生小学校

街並 古市街道界隈
町並み 古市

     古市散策  (小田橋~倭町)
           (倭町~大林寺)
           (桜木地蔵さん・猿田彦さんの大祓)
           (牛谷坂~参宮資料館)
     八幡山 尾上町野間萬金丹支店
     虎尾山  虎尾山の名称について  
     虎尾山から市内眺望   
     虎尾山関連パンフレット・絵はがき・地図等
                        
                        
 10 11 12
     虎尾山の明治聖代戦役記念碑の建設年代について
     明治聖代戦役記念碑会員章について 
     金鳶像について
     伊勢市内から虎尾山を望む 宇治山田駅近辺から   
                  御幸通りから
      ※下記「旅館古市街道」の「五二会ホテル」は
       虎尾山
にありました。併せてご覧ください。 
     宇治山田駅      錦水橋    

     旧農業館 (現神宮文庫)  倭姫宮  
     徴古館・農業館   (雪の徴古館)  
     徴古館・御幸通     
     倉田山絵はがき    
     神宮文庫入口(黒門)
     徴古館開館
 
     日蓮聖人誓いの聖跡  光明寺
     神都希望館   (現天理教三重県教務支庁) 
     楠部より朝熊山眺望  御成街道より朝熊山遠望
     寂照寺
     
     猿田彦神社御遷座祭  猿田彦神社御造営絵葉書

街並 内宮界隈
     内宮前通
     如雪園(現神宮会館)  
    3 

     西行谷  
     宇治橋公園
                   
(現「(財)修養団伊勢青少年研修センター)
              
     勢之国屋(中村太助商店)  赤福創業300年
古市

     御幸通(中村町)
街並 その他
     市街中央展望    
     有緝尋常小学校    浜郷村 
 

     東洋紡山田工場 1  2 (現日赤伊勢病院)
     東洋紡宮川工場
 (現横浜ゴム三重工場)
     朝熊山       
     新開北交差点から大湊   
     灯籠のある風景 ~御幸通~ 未定稿  
旅館 伊勢市駅界隈

     昭和初期の山田駅前
     佐伯館    
     柳屋(現「珈琲&ケーキ やなぎや」) 
     奥文  吸霞園
  上田館  花菱館

     山田館  中村屋  宮前館  小川旅館 
     伊勢屋      
     松島館(本町)  
     宇仁館           
     宇仁館別館千秋楼
     宮崎館  竹屋  大和旅館  
     高千穂館   
     

旅館 古市街道
     五二会ホテル
      ホテルの建物 
 (←眺望もあり) 
              

      ホテルからの眺望      
      ホテルの遺構  ホテルでのかんこ踊
      ホテル広告  
               ホテルの紹介地図(「神都の栞」)
     松島館(尾上町)    十五楼  
     備前屋
       両口屋   
     杉本屋   大安
     麻吉旅館      油屋  

     津の国屋 

旅館 内宮界隈
     大橋館 
     

     水月楼すし久   
     澤瀉大夫 

旅館 その他
     柏屋(神社)

皇學館大學(神宮皇學館)
     館町校舎  

     倉田山校舎         
       惟神道場      
     倉田山歌集
その他
     大門剛明さん『負け弁・深町代言』シリーズ 

     日赤山田病院 古市(現テニスコート)    
            御薗                
     宇治山田市制実施紀念絵葉書  
            宇治山田市制実施紀年スタンプ
     第四中学校  2   河崎   
     勢田川改修     
     大鳥居
   (宮町踏切北側) 
           (伊勢市駅前)
     参宮二見浦鳥羽遊覧交通順路案内絵葉書  

     新農業博覧会     
     大湊小学校・大湊町立工業学校

交通機関
     神都線(伊勢の路面電車)
       社名の変遷      
       
       伊勢電気鉄道発行絵はがき
       内宮電停    車両  
       切符      3 
       松尾より月読宮を望む雪景
       伊勢電と瀬戸電の社章
       神都バス(三重交通運行)

     朝熊登山鉄道(朝熊山ケーブルカー)
       開業案内  朝熊村駅(朝熊変電所)
       平岩駅  

       朝熊岳登山電車絵はがき
       朝熊登山鉄道資料  
       切符
     伊勢電鉄      伊勢電鉄の遺構  
     参宮急行(現近鉄)  山田駅(現伊勢市駅)
     
     参宮鉄道(現JR参宮線)    収入報告
     その他  神都バス (神都乗合自動車)
              参宮自動車
           二見旅客索道線 (ロープウェイ)   


nice!(19)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

鯛中鯛(鯛の鯛・たいのたい) [日記]

鯛中鯛(鯛の鯛・たいのたい)   
こちらのページはブログ「鯛の鯛」 (こちらをクリックして下さい)に移動いたしました。
鯛.JPG

nice!(9)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

平成30年の桜~京都~ [京都・奈良]

平成30年の桜~京都~
 ※このページの写真はクリックすると拡大します。
 平成30年3月31日、京都へ花見に出かけました。染井吉野は満開で、枝垂桜は散っているものもありました。また、雨宝院の観音桜や歓喜桜は咲き始めでした。天気が良く、青空に映える桜はとてもきれいでした。

白峰神社

白峰神社.JPG

首途(かどで)八幡宮・桜井公園
首途桜井.JPG

首途八幡宮 桃
首途八幡宮1.JPG
桜井公園 枝垂桜と大島桜
桜井公園3.JPG

桜井公園 枝垂桜

桜井公園2.JPG

桜井公園 染井吉野
桜井公演.JPG


雨宝院
雨宝院.JPG
観音.JPG


本隆寺
本隆寺1.JPG


本法寺
本法寺.JPG

本法寺2.JPG


妙覺寺
妙覚寺.JPG

妙覚寺2.JPG


御所 南西入口(拾翠亭)前大島桜
IMG_2193.JPG
御所 桜松
櫻松.JPG

御所 車返桜
車返櫻.JPG
車返櫻2.JPG

御所 近衛池前 枝垂桜
近衛池.JPG

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

萬金丹本舗證明 [伊勢の風景]

野間萬金丹證明  
 野間萬金丹の広告を紹介します。「萬金丹」につきましては秋田耕司様がHP『伊勢探訪記』の「秋田教方萬金丹」(こちらをクリックして下さい。)において詳しい研究成果を掲載なさっています。
 朝熊岳本舗の写真はこちらをクリックしてください。
 尾上支店の写真はこちらをクリックしてください。

野間萬金丹2.jpg

画像をクリックすると拡大します。(原寸39.1㎝×29.2㎝)
左図=尾上支店 右図=朝熊岳本舗

図の上部の文章 
ルビは( )内に入れました。また、旧字体等は適宜常用漢字に改めました。青色【 】内は筆者注です。

伊勢国朝熊岳萬金丹広告

弊家(わたくし)萬金丹は曩祖(せんぞ)徳翁宗祐(とくおうそうゆう)上座が曽(かつ)て福威智満虚空蔵尊(ふくいちまんこくうぞうそん)の霊夢(れいむ)に感(かん)し始(はじ)めて調製(しらべこしらえ)したるものにて今に二十一世五百有余(ゆうよ)年間其業(そのぎょう)を営(いとな)むものなりしが薬効(ききめ)の非凡(あらた)なるより往時(むうじ)万里小路殿の執奏(おとりつぎ)に因(よ)り畏(かしこく)も 後水尾天皇(ごみずをてんのう)の朝(ちょう)特に勅許(おゆるし)を蒙(こうむ)り例年(れいねん)禁裡(きんり)御所及ひ御宮堂上(どうじょう)方へ献上(けんじょう)し奉る吉例となりし爾来(じらい)萬金丹の名声天下に鳴(な)り普(あまね)く世上に称誉(ほめ)せられ益(ますます)弊家(わたくしかた)の繁栄を致せしは蓋(けだ)し諸(しょ)君の恩顧(ごひいき)に基因(よる)するものと深(ふか)く感銘(よろこび)に不堪(たえず)候。然(しか)るに近時(ちかごろ)諸国に於て 弊家(わたくし)調製(せいぞう)の萬金丹と詐称(いつわり)し巧(たくみ)に愛顧(ごひいき)の諸君を瞞着(まぐわし)せんとする者往々有之【これあり】。弊家(わたくしか)は祖先開業以来(せんぞより)今日に至るまで一人の売子(うりこ)若しくは行商人(であきんど)を派遣(いだ)せしこと毫(すこ)しも無之(これなく)全く奸商輩(よこし?なきひと)の欺諞(いつわり)に出るものと相信(おもう)候。就中(わけても)近頃(ちかごろ)当地(いせやまだ)に於いて同名異人(おなじなまえまぎらわしきひと)なる野間国彦なる者現(あらわ)れ萬金丹を調製(こしらえ)発売(うりだし)せり。就(つい)ては弊家(わたくし)萬金丹の義は古来世の高評(こうひょう)を受けること前途(まえにもうす)の如くにして素(もと)より薬味分量等は同日の論にあらざるを以て敢えて意に介するに足らざれども或いわ同名類似(なまえのにたる)なるより江湖(しょこく)諸君の感(まどい)を来(き)たし随(おっ)て真正(まこと)なる野間圀彦萬金丹と誤認(あやまり)せらるるを時は自他(ひとびと)の迷惑(めいわく)不少【すくなからず?】候間希(ねがわく)は愛顧(ごひいき)諸君特(とく)に朝熊岳(あさまがたけ)一番屋敷野間圀彦の番号(ばんごう)商標(めじるし)篤(とく)と御吟味(しらべ)の上御購服(おもとめ) 被下度【くだされたく】希望の至りに不堪候【たえずそうろう】。
追白
弊家義は大廟参拝(いせまいり)の諸君に対(たい)し御便利を訃(はかり)しか為め本舗の外山田尾上町十四番屋敷野間圀彦(くにひこ)支店あるのみにて旅館(やどや)其他(ほか)へ売子(うりこ)等(など)一切差出し不申候(もうさずそうろう)。又自然(しぜん)弊家の名所(なまえ)を冒(とな)えし売子等推参(まいり)致し候節は宿所姓名御糺(ただし)の上郵税先払にて御確報被下度候【くだされたくそうろう】。敬白

伊勢国朝熊岳一番屋敷
萬金丹本舗 野間圀彦(のまくにひこ)
同国尾上町十四番屋敷
            野間圀彦(のまくにひこでみせ)

右朝熊岳野間圀彦氏(みぎあさまだけのまくにひこし)は元因幡椽継続(いなばのじょうけいぞく)真正(まこと)なる本舗(ほんぽ)たるを証明す。

明治二十六年二月十九日   伊勢宇治山田町 神都徳盛会事務所

右図左上文章 
野間氏は源家の庶流にして五百有余年連綿せる旧家なり。蓋し萬金丹は曩祖徳翁が本尊の霊夢感得の脩製にて済古の【こ?】め数代施薬まて家々秘したりしを十三世宜繁翁が当時の長老に謀り元録【本文ママ】年間忝なくも勅許を蒙り売薬となし恐多くも毎年禁中及び親王方へ献上奉り爾来効験著名なるを以て当山の名産となり日本万金丹の元祖にして海内に普く知らるる霊方なり。

nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:地域
前の5件 | -